2013年5月27日月曜日

近況とメモ

毎回お久しぶりになっちゃってるー!
なかなか更新できませんな…。

今年は前半から色んなことをやれた……はずなんですが(´・ω・`)
書きたいことを溜めすぎて、ブログの更新が追い付かないという状況です。
完璧に書ききることはきっとおっちょこちょいの自分には無理だから
少しだけでも感想などがホットなうちに書き残せるのが理想かもしれない。

とりあえず今回は、溜めすぎたやりたいことを箇条書きで羅列してみよう。
自分の頭だけでは整理できない量になったし
紙にメモるとかえってごちゃごちゃしてしまう。
それぞれ、記事にする前に書き出してみます。



■アニメ編

・『インフェルノコップ』がすごかった(色んな意味で)
→見た後に戸惑う回もあるけど、最終回で謎の感動が。最後までギャグではありますがw

・グレンラガンを劇場版含めて全部見た
→BD-BOX楽しみですねぇ。去年からDVDを借りて少しずつ見ていたから
 買えなくて見れなかったものもたくさんあります。BD-BOXの全部入りは本当に嬉しい。

・トリガーナイトに行った
→私はアニメ業界志望でも若者でもないけれど、絵で表現することをライフワークにする方が
 どんな気持ちで絵を描くのかというのがとても興味があった。
 あとスケジュールもちょうど良かったから生で憧れの方々のお姿を拝見したかったというのもあり…。
 濃密な時間でした。とっても楽しかった!興奮が3ヶ月経とうとしてる今でも醒めません。

・アニメミライ2013を見た
 
→『リトルウィッチアカデミア』は期待通りの名作。このアニメそのものがシャイニィシャリオだと思う。
 『デス・ビリヤード』のダークホースっぷりもなかなか。

・今石監督(アニメスタイル)版パンストの最終話を読んだ
→ああ、いつものパンストだな…と思わされた久しぶりの新作。
 トリガーナイトでのお話によると本当はテレビアニメでやりたかった話だったそうです。
 シンプルなギャグ作品ながらも、アニメスタイル版のパンストでは一番複雑なエピソードで
 10回ぐらい読んで分かった部分もあったり…(私のアタマの問題かもしれませんが)
 まとめるのに時間がかかりそうなので、なかなか感想が書けていません。

・『キルラキル』面白そう
→始まってないからまだとりあえずそれだけですが…w

・『百花繚乱サムライガールズ』がすごい
→Niθさんの絵が大好きなので見てみたら色々とぶっ飛んでるアニメでした。
 悪ノリの限界を(主にエロで)追求する・世界観が萌えアニメではなくエロゲー的…などなど
 私から見るととっても面白いし居心地がいいアニメなのですが
 なんとなく人を選ぶような気がするのでオススメはしません。良作ですがオススメはしません。
 BDも買って何度も見ていますがオススメはしません。
 二期のサムライブライドも見てます。能登さんが男前な新境地を切り開いて惚れました。
 でもオススメはしません。
 なんでそんなに薦めないの?と聞かれたら「誰でも楽しめる内容ではないから」につきます。
 逆に、向いてる人にはとても向いてる……のですが、それでも100点満点で満点をつける人はいないと思う。
 そんな不思議なアニメでした。あとおっぱいに目が行きがちですが尻アニメだと思う。

・JOJOのアニメが期待以上の面白さ
→記事にまとめるほどではない。みなさんもご存知のハイクオリティだしね…。



あまりアニメを見ない性分だけど結構たくさんあるもんですなー。
ほとんどトリガーの作品か…。
アニメのパンストの感想はどこからどう書いたものか本当に悩んでます。
オススメの視聴順で始めるか、みんなが途方に暮れたであろう1話のレビューからするか…。
しかも1話は下ネタだからとかじゃなく感想が書きにくいw



■ゲーム編

・『プロジェクトクロスゾーン』をクリアした
→ナムカプ経験者なので、1年で終われば御の字かなと思ったのですが
 のんびりやって50時間ぐらいでクリアできた。
 面白かったかそうでないかと言えば明らかに面白かったのですが…。
 感想は後日。

 参加作品のラインナップが面白く、
 最近のゲームで、タイトルしか知らなかったけどやってみたいなと思うのがいくつもあって
 キャラクターや世界観の魅力をアピールする力はさすがこのスタッフだなぁと感心しました。
 これについてはナムカプの頃よりすごいんじゃないかなぁ。
 森住氏のキャラの立て方はとにかく面白くて、知らないキャラにもすぐに親しみが持てる。

 
 上のアニメの話題関連で、ナムカプのOPもPXZのOPも今のトリガーのスタッフが手がけているのも嬉しかった。
 ナムカプのOPはゲームの開始前にスキップしなかった人が多いという有名なものですが
 私も未だに飽きないです。何度見ても楽しいし熱い。
 今石監督作品で、もしかしたらグレンラガンと同じぐらいの知名度を誇る作品では?
 アニメに詳しくないけどこれは知ってるという人も多そう。

 

 ナムカプもPXZも、OPだけで1本記事を分けたいぐらい中身がつまっていて面白い。


 PXZは、まだ一周しかしていない。
 参加作品の原作ゲームをいくつかやっているから、もうちょいやったら二周目をやろうかな。

 ステージごとのドラマ性がナムカプより少し薄めだったり、主軸のシナリオが「特に何も無かった」のが悔やまれますが、酷評するにはもったいないタイトルだと思います。
 絶賛できないし批判もできない「いかんともしがたい」ゲームなんですよね。
 ここは無限のフロンティアの続編で、小悟郎と美依が再登場して欲しいところ。
 ムゲフロ面白いよ!続編でてくれー!かなりマジで!!
 ナムカプ~PXZまでの生身のスパロボ(?)シリーズで、唯一ゲーム部分が作業じゃないし…。
 RPGの雑魚戦が嫌いな私が飽きずにクリア目前でも雑魚戦をやってるぐらい楽しい。

・『無限のフロンティア』が期待していたより面白い→心の中で殿堂入りするレベル
→PXZで興味を持ったのでようやくやってみた。ドはまりしてます。
 なぜ森住氏の書かれる男女のカップルは見ていて幸せな気持ちになれるのだろう。
 あまりこうした才能のライター・漫画家の方はいらっしゃいませんね…。特にゲーム業界では。
 制約があまり無いエロゲーですらこのラブラブっぷりや会話の悪ノリはありません。
 すごいよなぁ…。
 今はGoogle画像検索で「アインスト」をサーチした時に一番最初に出てくるアレの目前のダンジョンなのでもう少しでクリアだと思う。


・とび森が毎日のようにフリーズする
→パッチをあてても直りませんでした…(´;ω;`)なのでもうやってない。
 これは記事にするものが特にないかも。

・『エンドオブエタニティ』を始めた
→最初は何がなんだか分からなかったけど、この全く新しい操作と戦い方は覚えるととても楽しいです。
 道のりが流そうなので地道に進めています。
 音楽良すぎ、戦闘のボイス面白い、みんなエレガントすぎ…
 そしてお前は次にパンツ見えすぎと言うッ!!

・『朧村正』をゆっくり進めている
→一周8時間程度なんですよね…。なのでトータルで30時間ちょっとになるのかな?
 今は鬼助シナリオを進めてます。
 据え置きのハードはなかなかやる機会が無いのでどうしてもゆっくりになる。

・『閃乱カグラ Burst』を始めた
→つい先週から始めた。微妙。とにかく序盤のとっかかりが良くない。
 ストーリーが動き出す頃にキャラクターの技が増え、爽快感のあるプレイができるようになる。
 絵の感じが好きで前々から気になってたのを思い切って買ってプレイしましたが
 なんというか…こう…もどかしいところも多いです。
 斑鳩さんと葛城が可愛いからやっていける!と思っていたのですが、柳生ちゃんと雲雀にも惹かれる。
 
 

・『真・女神転生IV』出ましたね
→一大行事なので落ち着いた環境でやろうと思ってまだ始めてません…。
 メガテン経験者がチュートリアルで死にまくるとだけやたら聞きます…(´Д`)

・世界樹4
→進捗ではなくクリア後に感想を書こうとしていますが、今回は歯ごたえありますな…。
 戦闘は自分のPT大活躍で快感なんですが、全体的にサクサク進まないので少しお休みしていました。飛んでる竜にぶつかりすぎるんだよ!!
 


他にも積んでるゲームあるなぁ。思い出したら追い追いなんとかします。



アニメとゲームだけでもこんなにあるのかー。でも急いで記事にするものは絞られるな…。

2012年12月27日木曜日

Panty&Stocking with G



またしても久しぶりの更新になってしまった。

そろそろテレビアニメ版のパンストの感想を書こうと思い立ちましたが、
その前に『DATENCITY PAPARAZZI』に収録されている前日談のような漫画形式の企画書の感想を書きます。
企画書として今石監督がアイデアを漫画で描いたものなので、実際の本編と違う設定だったり没になった部分もあるのでしょうがなかなか興味深い内容です。
区切りのいいページごとにまとめてみます。


・1~3ページ

漫画のタイトルはこの記事と同じ。GarterbeltじゃなくGです。
アニメでは天界からどうやって来たのか不明でしたが、この漫画では堕天してきた割に良い待遇で地上に来ていますw セレブです。
なんか2ページの台詞に不思議な語呂のよさと笑いを感じます。

「むしろすがすがしい!」「頼んでもねえのにこのセクシーポーズ」という台詞にパンストの重要なお約束が提示されていると思う。
色々とひどい話にするんだけどスラップスティックなギャグものでしかなく、それでいてエロくというのが基本なのかなと。
さりげなく提示されてるところがいいですね。

シースルーは全然設定変わってなさそうですな。ストッキングの外見もほとんど同じ。
地名がダテンシティじゃないのは、『The art of PSG』でも垣間見えますがいくつか候補があったから。他にはダテン市テンゴ区(堕天使・天国)というのもあったようです。


・4ページ

「WOW!!しんきくさ!!」がツボってしまって吹いた。
4ページの上の方の構図かっこいいですな…。
ガーターベルトと市長らしき人物が出てきますが、ガーターの身長が高いのかパンストが小さいのかよくわからない。まだ決まってなかったのかも不明。
アニメだとガーターが大男なので他のキャラが大人と対比した子どものように小さく見えるという面白いことになっています
(ちなみにフィギュアのスケールから計算するとパンストの身長は150cm台前半ぐらい)



・5ページ以降ラストまで

市長っぽい人が使い魔だった!実はコイツが後のチャック!?
アニメ本編を見ているとここらへんの展開がとても興味深いです。
企画書の段階だけのエピソードかもしれませんが、チャックの頭に悪魔っぽいものが住み着いていたり本気を出すとゴーストっぽい色になるのがこれで納得できるんだよなぁ。
5ページ目の最後のコマのガーターが妙にかっこいい。


最後の歯を抜くのなんぞ…エグい…と初見で少し引いてしまいましたが、これはもしかしたら「抜けた歯を枕の下に入れておくとお金に変わる」という外国の言い伝えから来てるのかな?

■歯の妖精の説明 http://park1.wakwak.com/~english/note/note5.html

歯の生え変わり時期に子どもが乳歯を抜くのを怖がらないようにというのと、抜いた歯を親が把握するための外国の言い伝えと風習です。
パンストのインスパイア元のひとつであろうパワーパフガールズにも歯をお金にするエピソードがあります。お金欲しさに他人の歯まで抜くひどい話がw
もちろん歯とお金を交換しているのは保護者なので、歯に金銭的な価値があるわけではないです。なのでここらへんはちょっとエグい印象。
倒されて無力化したビッグ・チャックはアニメ本編のチャックとそっくりですよね。
最初はパンストが探偵っぽい立ち位置だったのも納得。


全体的に、アニメのお仕事以外に長いキャリアがある漫画家でもある今石監督のお仕事として面白かったです。
紙面の感じと、WEBアニメスタイルで読んだ描くのが速いという話(※1)からすると多分これ一発描きなんだろうなぁ。

私はパンストで興味を持って、他の今石監督のアニメや漫画(※2)もいくつか見たのですが、
事件が起きる→解決する誰かが来る→解決したが倫理的にも現象的にも絶対的な善悪は無い
という作風で一貫している印象でした。
勧善懲悪ではないアクションものとでも言いましょうか。
私も、善悪や良かったかどうかはケースバイケースないしはっきりした基準が常にあるわけではないと思うのでこの作風は大好きです。

この漫画でもパンティが市長っぽい人を「ムカついて」前触れも無く撃ったりするあたりに、
事件を解決する正義の味方ではないところが出ているかと思います。
いきなり銃を撃つか!?とは思ったけどw
パンストは社会風刺をしても、天使サイドに一貫して模範的な要素があると説教くさくなってしまうと思うのですが、そう思う私が世界中で少数派なのか多数派なのかは分かりません。
どうでもいいのは間違いない(ナンセンスギャグ作品の感想として)


トリガーの最新作『インフェルノコップ』を見て、この漫画を思い出したので感想を書いてみました。
初見ではピンと来なかったのですが、2回目から爆笑してしまった不思議なテイストです。
というか企画書漫画のパンストを知ってる人なら、インフェルノコップで何かがピンと来るかも?
今石監督の『賞金稼ぎ』シリーズや『DEAD LEAVES』を知ってる人ならビンビン来るはず。





※1…WEBアニメスタイル 板垣伸のいきあたりバッタリ!195回 より
http://style.fm/as/05_column/itagaki/itagaki195.shtml

※2…手に入りやすいところだと、ニュータイプと月刊アニメスタイルの漫画版のパンスト。
手に入りにくいところだとアニメーターになる以前から同人誌で描かれていた漫画。
私は人から譲ってもらって『賞金稼ぎの街』と『WANTED』の5話まで読みました。
『フリクリ』の劇中の漫画も今石監督の作品ですが、劇中の演出なので監督の持ち味が出ているのは部分的と言えるのではないでしょうか。

2012年8月17日金曜日

おひさしぶり

寝込んでたり色々しんどくてブログの投稿はご無沙汰です。

twitterはモバイル端末で送るし気軽なんですが、
ブログでしっかりした記事を毎回書こうとする方が身構え過ぎかもなぁと昨日ぐらいから思う。
絵も描きたいのですが、モニタの故障でまともな発色のお絵描き用モニタがなくなってしまった。
滞ってることだらけながら近況報告っぽいことをしてみます。



■近況■


・ジョジョ展に行った

地元なので行ってきました。基本的に原画+4部にターゲットを据えた展示でした。
仙台市は荒木先生の出身地なので展示や販売物など気合いが入ったものが多く
遠方から見に来た方もたくさんいました。

個人的に一番面白かったのは杜王新報(杜王町の新聞のようなタイアップ紙)。
すごいと思ったのはリアルごま蜜団子とトニオ風のイタリアンコース。
原作を再現とかそんなチャチなもんじゃ断じてねぇ……もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ!
(近年さまざまなタイアップでよくある、原作の料理を再現する企画もすごいと思います。ここは定型文ということでw)




トニオのイタリアンは奮発して行ってよかった…。マジでその日は体調が良くなった。
イタリアンシェフの本気ってすごいんだな…。


マカロンすっげーかわいいッ!!
レストランのスタッフさん達のジョジョへの愛と気合がすばらしかったです。

ごま蜜団子は本来「ごま摺り団子」というお菓子で、
一関市近辺出身の私にとっては小さい頃から身近だったのでむしろジョジョリオンで出てきて吹いたという。
小学生の頃に前歯で噛んで中身が吹いたのもいい思い出です。
昔に比べると団子のモチモチ度がアップして安全になった気がした。



・てやんでえのDVD-BOX

念願でした!!
発売されると聞いただけで感無量でしたが、実際再生してみたら予想より画質が良くて
リアルタイムで見ていたテレビ放送の画質より良かった!
パッケージも凝った作りになっているので、以前からのファンの方だけでなく
アニメを見たことはないが絵を見て気に入った人にも超オススメです。
21世紀の今になっても、キャラクターデザインや世界観が古くならない独特なもので
唯一無二の素晴らしい作品です。



ネット通販サイトではパッケージの裏面を見ることがあまりないかも、というので写真をアップ。
鈴木典孝氏の描きおろし!

ブックレットも、長年DVD化を熱望されていただけあってファンに嬉しい濃い内容です。
放送当時のおもちゃなど資料もたくさん載っていて、22年前を懐かしむ人にも
これから作品を見る人にも面白い内容でした。

まさかの、それでいて悲願の全話DVD化ですよ…(※てやんでえはビデオすらメーカーの都合で途中までしか出てなかった)。
生きていると何があるかわからないもんだと再確認させられた出来事でした。
手頃な価格のDVD-BOX化をしてくださった方々に感謝してやみません。
本当にありがとうございました!!




・北米版パンストDVD-BOX


バーンズ&ノーブルで買いましたよー。北米のどこにもある大きな書店のチェーン店です。
送料を合わせて5千円ぐらいでした。ネット通販で日本に発送してくれます。
しかし途中で荷物が追跡できなくなり、家に届くまで1ヶ月ぐらいかかり
調べてみたらフランスなどを経由していて地球を遠回りしていたという…w

荷物や郵便は海外がテキトーというより、日本が優秀なのです。
梱包も日本ほど気を使う国は無いかと思います。
荷物の問い合わせがライブチャットだったのはアメリカらしかったなぁw


内容もおおよそ全部見ました。
訳が難しいだろうに吹き替えはどうなってるのだろう?という疑問から吹き替えで見ましたが
台詞が結構変えられてました。言語の壁で変えられたのはしょうがないけど、
変えなくてもいい長さや意味の台詞が、根底から変えられてるのはなぜなんだろう…。
一方、ダジャレの英訳で上手いものもあって「なるほど!」と思う部分も多かったです。
全部聞き取れたわけではないですけどねw


音声と字幕は
日本語音声・英語吹き替え音声と、英語字幕(Web配信用とは別の字幕)で
英語字幕は個人的にWeb配信用の方が良かったです。
色々と面白かったし話すと長くなるので、北米版パンストDVDについては別な記事で近いうちに書きます。





・PCのモニタが次々と壊れる


去年の震災でデスクトップPCの色合いがおかしくなり
今年の春はノートPCの液晶がなぜか壊れました。多分閉じてる時に猫が体重をかけて乗った。
家電が壊れる年は一斉に壊れるという都市伝説がありますが
あながち本当かもしれないですね…。
ノートPCのモニタは元々独自の謎い発色をしているので、絵を描いたり画像の処理をするのに向いてないです。





・寝ている間に虫に12箇所刺される ←HOT!


昨夜のことでした。ぐぬぬ…。
湿度が高いと刺されやすくなると聞いたことがあります。確かに最近蒸し暑いですもんなー。

2012年2月25日土曜日

今年の2月は29日まで

風邪が2週間以上治らなかったり、ノロウイルスばりの胃腸炎に罹ったりで
最近あまり元気ではないです。
温かくなってきたので、そろそろ体調を崩しにくくなると思うのですがどうなることやら。
年の暮れから頻繁に家中の人間が全員ダウンして大変でしたよ…。ううう。




■趣味の近況


・前回の記事で描いたドラゴンが何かに似てて気になるなーと思っていたらコイツだった。


TOUMARTさんの動物系フィギュアやぬいぐるみが大好きなんですよ。
ちなみにヘルハウンズのぬいぐるみが一番好き。
http://touma.biz/




・世界樹の迷宮4

ついに発表されましたね!今のところ、我が家ではこれのために3DSを買うようなもんです
(デビサバOCもソフトだけ持ってたりしますが)。

悪魔合体ブランド吸収や販売がセガになるなど変遷がめまぐるしく、
新作発表のペースがゆっくりになったアトラスですが
久しぶりに新作、しかもビッグタイトルの続編なので期待してやみません。

しかもなんとディレクターは金田さん。カドゥケウスやHOSPITAL.シリーズを育てたあの金田さんです。
ディレクターが交代して金田さんに代わるのはカドゥケウスZ以来2回目(奇遇にも!)なので
引き続き鬼のような楽しいゲームバランスに期待しています。
金田さんはHOSPITAL.の体験会でアトラスにお伺いした時、
ディスカッションで偶然お隣の席に座ることになってドキドキしましたw
年齢と反比例して磨かれて伸びる才能に憧れます。
私も大人として金田さんのように成長したいと思います。

旧職業の復活や、バードとダンサーどう違うんだろう…など興味深いところしかありません。
あと3の時は海図で苦労したので、4でも気球のマップ埋めで苦労しそう。





・『続・殺戮のジャンゴ』をようやくプレイ

私生活があわただしい頃に発売されたゲームなので、もしかして買って積んでいるのでは…と
思っていたら買えてなかったのでようやく買いましたよ。
予想以上に色んな意味で面白かったので、別な記事でじっくり感想を書きたいです。


アルターの名前の無いの女(ブロンディ)のフィギュアは店頭で一目惚れして買いましたが、
これは衝動買いしといて本当に良かった。いい買い物でした。
エロいのを通り越してカッコいい。
http://www.alter-web.jp/figure/07/11_1/index.html
去年の3月の震災の時、なぜかこのフィギュアだけ何事もなかったかのように倒れなかった。
さすが屈強なビッチですよ。
ブロンディは世間一般のビッチとは違う印象のような気もしますが
メインキャラの女性はビッチしかいないゲームなのでビッチなんだろうか。


ニトロプラスのゲームとしてはあまり売れなかったそうなのですが(確かにベスト版が出てない)
あんまりエロくはないのですが、先が見えない展開、苛酷な環境で生きる人々、
そしてなにより虚淵玄さんのシナリオでギャグ交じりの活劇モノというのが斬新でした。
これはこれで虚淵さんだなぁという内容ではありますが、明るく生命が輝く話というのは珍しい。
虚淵さんの作品はヴェドゴニアをきっかけにファンなったので、
まどかマギカで世間が騒然となった時はニヤニヤが止まらなかった。
あらゆる年齢層の、あんなにも多くの人がド肝を抜かれる日が来たのがたまりませんでしたw


ともあれ、キャラクターもいいしすごくいいお話でした。マカロニウエスタンに疎くても面白い。
しっかり内容を把握したレビューが多くて安心の『ErogameScape -エロゲー批評空間-』でも
平均80点台という確実に面白いという評価の域に位置しているのですが
埋もれた名作の感が否めません。

絵はこれでもかというほどセクシーでかっこいいんですが
主人公が女性で、エロゲーとしてパッと見とっつきにくい印象もあるし
実際は一般的にイメージされるエロゲーではなく、小説を演出つきで読む感じなので
読書が苦手な人にはちょっと厳しいかもしれない。
文章もラノベ風ではなくガチンコで小説というか、軽快なタッチではありません。
読書が好きな人なら楽しめると思います。
サントラもとても良いです。かっこええです。作業用BGMによく聴いてます。


このゲームはインストールしようとしてまずアイコンで爆笑したのですが、元ネタは発売前の公式イラストなんですね…。



実際の絵柄と比べると…なんかもう…お腹痛いwwwなぜこうなったし

2012年2月2日木曜日

としがあけたよー

もう2月だよ!
年末年始にあわただしくて1月は疲れが抜けなかったので
ここの更新もままならなかった…。
今月は平穏無事だと良いのですががが。



パンストの今石監督の漫画について検索される件数がぼちぼちあるのですが
後から「ここはこういう面白さがあるな」など新たな発見があり、
感想に追記したくなる事が多くて悩ましいです。
どうしたものか…。とりあえず、漫画3回目の感想で
パンティの目の描き方の図解の2枚目におっきなミスがあったのは直しておきました。
PNGの透過ェ…。

あとRONIシステムがブログ表示の際スムーズじゃなくなるので外しました。
また会いたいな。つうかアトラス医療ゲームの新作はまだですかっ!



連絡事項だけでも何ですので年賀イラストでも。




深夜の気軽なクオリティで描いたら禍々しくなった。
鬼瓦や狛犬やガーゴイルのようにいかつい厄除けのドラゴンってことで…。

2011年12月30日金曜日

パンストのフィギュアの話。

風邪やら喘息の悪化で久々の投稿になってしまった。
まだまだ検索にひっかかりにくいようなので
レイアウトまわりをチマチマ変える野望はキープしてます。



ところで、先日発表されたアルターの1/8パンティがえらい魅力的です。

・アルター公式サイトでの紹介 http://www.alter-web.jp/figure/12/05_3/index.html

色々と麗しくてかっこいいんですが、一番印象に残ったのは顔の造形でした。
変身シーンのフィギュアでようやく文字通りとって食われそうな顔のパンティのが出てきたなと
目つきが悪い可愛いキャラが好きな自分は嬉しくなりました。
それでもアニメの絵と比べるとやや控えめかなぁ。

これまでも変身シーンのパンティのフィギュアはありましたが
あの目つきの悪さが再現されてなくて可愛いだけの印象なのがしっくり来なかったんですよね。


アルターからはニーソさんの変身シーンのフィギュアも出るそうですが
パンティとニーソさんというラインナップが個人的にいいチョイスしてるなーと思います。
ほどよい萌えのとっかかりの量と、可愛らしすぎないラインナップで
パンストの尖った作風の魅力をこの2人で端的に伝えられる気がします。
ストッキングとスキャンティは分かりやすい可愛さとやや玄人向けのかっこよさがあるので
敢えて最初にフィギュア化しなかったのかなーと勘ぐりを入れてしまったり。
そういえば巨乳じゃない方だけフィギュア化されてるのか…。これは何か意味があるんだろうかw


うちにあるのはプライズのフィギュアだけですが、飾る場所が無く箱から出してないので
実はそんなに食い入るように観察してません(´・ω・`)
千値練のパンティも実物を見たらなかなかいい感じでした。
しかしこっちの絵柄のパンストフィギュアはどれも大きいので飾る場所がなくなりそう。




これまでもワンフェスなどでパンストのフィギュアがありましたが
変身シーンの顔の立体感の解釈とか、羽がどこから出ているかが作る人によって違ってて
見ているとなかなか面白いです。
アマチュア作品はネットやフィギュア雑誌に紹介されていたりもしますが、
立体造形ポータルサイトのfgでも見られます。オススメです。
http://www.fg-site.net/



twin packシリーズも買ってますよー。1話のパンストと普段のデイモン。
ブリスターから出すのがためらわれる仕様なのが悩めますが、今のところは開けずに飾ってます。
ただ、塗装の感じで微妙に顔の雰囲気が変わってるようなそうでもないような。
ちと心配だったのでtwin packは店頭に見に行って買いました。
結局、気にする人は気になるかも?ぐらいの差でした。素人の私見ですけどね。
元のデザインが絶妙なバランスの上に成り立ってる平面的なキャラだけに
デフォルメバージョンの完成度高いフィギュアが発売されてるだけでもありがたいですね。

手ごろな値段だし大きさもちょうどいいので、全話分の衣装バージョンとか出ないかしら…。
パンティとストッキングで衣装の数にだいぶ差があるので
さすがに候補が絞られてくるんでしょうけど、
学校の制服とD-city rockのPV回とキャットファイトクラブの服はフィギュア化して欲しい。
デスレースの服もいいですねー。服よりアクションに目が行く回だけど、
あのストッキングの服はかなり好き。
というか制服バージョンがまだ出ないのは意外…。人気あるのになぁ。
ゾンビ回のポリス服のが出るのは大変嬉しいです!通常のカラーリングも出ないかなぁ。
個人的にはゾンビバージョンも欲しいですねw




リアルタイムで放送を見てなかった私ですが、放送が終わって1年以上たっても
見事なフィギュアが発売されていくのはホントありがたいです。二期が未定なだけになおさらw
個人的にはいつもの頭身でヴィネット化されたら嬉しいんですが…。
稀にアマチュア作品で見かけてすごくいいなーと思ってました。

2011年12月5日月曜日

レイアウトと推敲

何年も同じような見た目のレイアウトを続けてきて、ちょっと変えたいなーと模索中。
あと前回の記事で、補足や推敲が必要かなと思う箇所を直しました。

そろそろアニメのパンストの感想を書きたいなぁ。